2014年3月15日土曜日

何を言ってるのかわからないと思いますが鍵に付ける鍵を買いました

ここの所、疲れていたのとネタが無いので更新していませんでした。
ところが、ネタの方からドアを開けて入ってきましたので書くことに…

数日前、部屋でゴロゴロしていると、突然玄関のドアが開き作業服姿の男が!

なんスか?と言うと 「すすす、すいません間違えました」 みたいな事を言って退散しようとする。

とりあえず逮捕をして事情を聴くと、不動産屋の会社名と氏名を名乗り、空き部屋の鍵を交換に来たが開けるドアを間違えたと釈明している。 作業服にもアパートを契約した不動産屋の名前が入っている。

どうも、わしの部屋がガスを契約していないので、当該の空き部屋と勘違いしたらしい。(目的の部屋はニつとなり)

とりあえず嫌疑不十分のため保釈しましたが、ここである事件を思い出しました。

昔、知り合いが住んでいるアパートで不動産屋から、「某所で全ての部屋のカギのコピーが発見されたので、念のため鍵を無料で交換させていただきます」 と言われたらしい。

どうも、不動産屋を辞めた人間が絡んでいたらしいのですが、なんとも気持ち悪い話です。

その知り合いも、「そういや少し前に、帰宅して鍵をまわしたら、なぜか閉まった事があったんだよなぁ(笑)」 とか言い出す始末。

そこで、わしの部屋の鍵も替えちゃおうかなと企んだのですが、どうも契約上勝手に替えるのはご法度らしいです。 たとえ替えれたとしても不動産屋にも鍵を渡さなくてはいけないとの事。

不動産屋が持ってるんでは意味が無い気がする

そこで、なんとかならないかと探しているとこんなものがありました!
 



工事不要で、取り付けるだけ。
握り玉に被せて数字のダイヤルを動かせばロックされます。 暗証番号は3ケタで自由に変更可能。

ダイヤル式のロックであれば、水漏れ等の緊急時の際でも、電話で不動産屋さんに暗証番号を伝えて開けてもらう事ができます。

まるで、悪徳不動産屋の対策用で開発されたような商品ですが(笑)、もう生産してないらしく、とりあえず流通在庫をゲットしました。(他社製で似たようなのはあるようです)

まぁ、単にピッキング対策という事であれば、ディンプルキーに換えるのも良いかもしれませんね。